実家の居心地が良すぎて外に出られない

毎日更新が早くも途絶えたかと思いましたか?

midnight SUPERという名前なので、

本来深夜更新です。

 

 

とはいえ、

早くも書くことがない

 

 

ので、普通の日記になると思います。

今日は環境デザイン学科の卒制展に行ってきました。

http://www.edd15.com/

 

今はウェブの仕事をメインにやっているとはいえ、環境デザイン学科なので、行きました。

 

しかし、会場に入る前にバッタリ会ったイケメンの後輩に聞かされる真実

今日レセプションパーティやってますよ。

 

え?レセプションパーティ?

レセプションパーティって何か展示の半ばとかでやるゲストを招いたりしてワイワイやるオサレな立食パーティ的なやつ?

ってことはあれじゃないですか。

教授がいるじゃないですか

お察しの方もおられるかとは思いますが僕は環境デザイン学科にいながら、

SNSを活用した店舗の提案

動画をそこにいる人で共有できるカフェ

終いには、デジタルとアナログは二極化されているが動線を引くという点においては共通なものなのでデジタルとアナログを繋げる提案をします!

なんて環境デザイン学科の教授からしたら『どうしてコイツはこの学科に来たんだ?』という印象を持たれていました。多分。

 

しかも留年するというエキセントリックさ

問題児なんてかわいいものじゃない異端児だったはず。

 

今すぐにでも逃げ出したい状況だが、心に鞭を打つことで展示会場の入り口まできた

すると入り口にいたのは、

俺が単位を落として留年した授業の担当教授

ああーもう帰りたい。帰りたい。いつもなら あ、オッケーでーす という感じですぐに帰るのだが、実は私、おデートで来ていた。

帰ろうなんて言えない。もう行くしかない。あの散々ご迷惑をおかけした教授の横を通らなければならない。

そうだ、空気になりきろう。

僕は空気です。窒素が78%酸素が21%ぐらいの物質です。

そう言い聞かせて横を通る。しかし当然礼儀は忘れない。

お久しぶりでーす…

 

無視。当然である。彼にとっては僕なんか ゴミ箱に袋をつけたはずなのに袋を取り外したら何故か底に溜まっている塵芥 と変わらないのだ。

ロビー的な場所でやっているレセプションパーティをスルーして会場へ。

色んな作品があって楽しかったです。

最高の感想ですね。

僕は学生たちが作った作品を見て思いました。

設計って難しいんだなって

設計とか空間みたいな分野を離れてウェブデザインを学びながら一年ぐらいが経ちますが、プレゼンボードを見たときに全く理解できなかった…。へ?この図面どこの?この写真どこの?みたいな

素人にはわからない世界ですね。(環境デザイン学科にあるまじき発言)

だからきっと僕の去年の卒業制作はそう見られてたんだなーって。その点1:1で作る椅子とかってずりーなーって。

 

 

 

あーほんと学生っていいなー!

あ、僕まだ学生だった!!!!!!

 

 

あと、尊敬している教授や、同期のみんなと会えたのは良かったです。みんな時間に追われてる顔してましたけど。そういう意味でも卒業制作展っていいなーって思います。というわけで来年からは月一で卒業制作させて卒制展やりましょう!

大庭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です