アークザラッドR展

  • グラフィック
  • プロダクト

PlayStation初期の伝説的なゲームタイトル『アークザラッド』シリーズの続編のリリースを記念した、アークザラッドR展のOOHのグラフィック制作と、シャドーボックス制作を、adotとSUPER SUPERで行いました。
240を超えるゲームシーンは、実際にシリーズを隅々までプレイし、厳選して選んだものになっています。
何度も同じ敵に負けゲームオーバーになり、間違えてセーブデータを上書きして最初からリスタートし、理不尽なほど強いボスが倒せず締め切りに追われるなど、実際のファンの一人として愛を込めて制作させていただいています。
シャドーボックスという1枚のビジュアルを何層も重ねることにより、立体的な空間を生み出す技法を使い、箱自体も、1つ1つ手作りで仕上げています。

CLIENT

博報堂/博報堂happy hour

RELEASE

2018.09.17

CREDITS

Production : adot
Art Director + Designer : 飯田 捷人(adot)
Designer : 清水 佑哉 / 今井 綺乃(フリーランス)
Special Thanks : 甲斐 建人 / 阿部 舜