オレたちは生まれながらのバケモノだ

昨日は、SUPER SUPERのこれからについて話し合いました。

とても有意義な話し合いで、ボルテージが上がりきった我々は、外でスポーツをしに行きました。

 

そのスポーツとは勿論皆様おなじみの…

グラスジャンプスキー

和名:ジャンプ草すべり大会

blog150430_21

 

流石にこのブログを読んでいる偏食家の方々ならご存知かとは思いますが念のため、ビギナーの方にお教えしますと“どのジャンプで草すべりしたら一番早いかを競うスポーツ”です。

それぞれのウェアに着替えていざ出発

blog150430_20

選手さながらの後ろ姿です。

 

今回エントリーした選手を紹介します。

 

エントリーNo.1

清水 佑哉

スタイル: ベーシック

タイプ: スピードタイプ

ジャンプ: 僕のヒーローアカデミア(2015.03)

blog150430_24

 

 

 

エントリーNO.2

甲斐 建人

スタイル: ベーシック

タイプ: パワータイプ

ジャンプ: ワンピース(2015.15)

blog150430_23

 

 

 

エントリーNO.3

大庭 吉景

スタイル: セパレート

タイプ: テクニックタイプ

ジャンプ: ニセコイ(2015.21) , NARUTO(2014.46)

blog150430_22

 

 

まずは皆さんおわかりのこと、”ならし”です。

草ですべる前に公園のすべり台で慣らします。

この準備運動のことを”ならし”と言います。

blog150430_25

blog150430_26

blog150430_27

blog150430_28

blog150430_01

 

 

 

“ならし”が終わったら草すべり会場に場所を移して本番です。

今回はビギナーの方にもわかりやすい”公園の芝生ステージ”をチョイス。

blog150430_19

 

blog150430_02

少しならしすぎた気がします。

 

 

まずは上級者の僕からお手本ということでエキシビジョンマッチを執り行います。

スタート!!

blog150430_03

 

 

・・・・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・

 

・・

blog150430_03

微動だにしない

誰だよこんな意味分かんない遊び考えたやつ

やろうと思った自分を恨みます。

 

まあ芝の状態が悪かったということもあり、次なる策を考えました。

芝生の上にジャンプを置いて

その上をすべったらいいんじゃない?

 

blog150430_29

 

ジャンプの上に乗ればすべる

芝の上だとジャンプはすべらない

つまりジャンプを敷いてその上をすべればいいのです。

なんだかここまで来た意味がない気がしますが、気を取り直してエキシビジョンマッチ再開!

 

blog150430_04

blog150430_05

blog150430_06

blog150430_07

blog150430_08

blog150430_09

blog150430_10

blog150430_11

blog150430_12

blog150430_13

blog150430_14

blog150430_15

blog150430_16

blog150430_17

blog150430_18

これが僕に出来る最高のすべりでした。

 

結局、みんなで鬼ごっこして帰りました。

また、補足になりますが僕たちは週間少年ジャンプに対して悪意があるわけではございません。むしろこれはジャンプに対して敬意を払うスポーツとして発展させたい所存です。この行動に深い意図があるわけではございませんのでご容赦ください。

僕たちは週間少年ジャンプを愛しています。

個人的にはヒーローアカデミアとワールドトリガー推しです。

 

大庭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です